亜鉛サプリ人気ランキング!亜鉛の魅力的な効果

亜鉛サプリの魅力的な効果

体内の数千種類もの酵素の働きには、食べ物の消化やホルモン生成、ウイルスなどの外的侵入に対して身を守るバリア機能までが備わっています。

もっとも身近な酵素には消化酵素を挙げることができ、食べ物を消化する際、炭水化物にはアミラーゼ、たんぱく質にはプロテアーゼ、脂肪にはリパーゼ酵素が働いています。

これらの酵素が働くことによって、食べ物が消化吸収されて、生命活動のエネルギーとして体内を巡ることができていますが、数千種類もの内、約300種類もの酵素は亜鉛が不足することによって活性化することができないことが分かっています。

亜鉛は酵素の構成成分として重要で、酵素反応の活性化はもちろん、体内の代謝活動や脳や身体の発育など、重要な働きも担っているため、積極的な摂取が必要と言われています。

亜鉛は、穀類や肉類、魚介類など、多くの食品から摂取することが可能で、含有量の多さで言えば、海のミルクとしても知られている牡蠣で、100gあたり13mgの亜鉛を含んでいます。1日平均摂取量として推奨されているのが、成人男性で8・9mgで、女性で7・3mgですが、男女共に推奨量を下回っていることも問題視されていることから、近年、亜鉛サプリが評価を高めています。

手軽にいつでも好きな時間帯に摂取できる健康補助食品の1つで、効果としてはたんぱく質の合成や骨の成長を助け、傷ついた組織を修復する効果などがあるため、高齢者や子供にも適したサポートサプリで、成長ホルモンの機能を維持したり、骨太に成長させられるため、日頃から摂取させたい成分です。

細胞の新陳代謝に関わっていることもあり、赤ちゃんの発育にも欠かせないため、亜鉛サプリは妊婦にも効果的と言われています。

また亜鉛サプリには、有害物質の毒性を抑制し、体外へと排泄させるたんぱく質のサポート役としての働きがあることから、美容目的となるデトックスサプリとしても話題を集めており、効果としては老廃物によるむくみ取りが可能です。

亜鉛はバランスの取れた食事を意識すると不足の心配は少ないものの、加工する過程で失われやすいため、効率的に摂取するにはサプリメントが適しています。

また、偏った食生活やダイエットによって、亜鉛不足は問題視されている内容ですし、ストレスやアルコールの過剰な摂取によって必要以上に亜鉛が消費されてしまいやすく、こうした観点からも吸収率の良いサプリメントで補うことが大切となります。

亜鉛サプリで必要な摂取量

亜鉛は日常生活で、欠かすことのできない大切な栄養素です。亜鉛を取り入れることによって体内の酵素の活性化や、新陳代謝に大きな期待を寄せることができます。また、活性酸素を排出するサポートや、男女の性機能に対して正常な働きを推進する効果が期待できると評判です。

さらに大切な味覚障害対策や免疫力を高める効果を期待できるといわれています。妊娠中は積極的に取り入れることで、子供の発育に大きな影響をもたらすといわれて評判です。

厚生労働省が推奨する摂取量は男性12ミリグラム、女性9グラムといわれています。妊娠中の女性は通常の1.5倍は取らなければなりません。豊富に含有されている食品として有名なのは、牡蠣です。

牡蠣は季節が限られているうえに、人によって好みがあるため、毎日取り入れることは難しいといわれています。それ以外の食品で取りいられるのが海苔ですが、大量に食べることで栄養素を取りいられると評判です。

それ以外の食物にも入っていることは事実ですが、食事によって毎日亜鉛を取る量は少なく、季節や献立によって豊富に取り入れられているとは言い切れません。

そこで便利なのが亜鉛サプリです。毎日適切に取り入れることで、健康面だけではなく美容にも高い効果を実感できるといわれています。

亜鉛サプリを取り入れるときには、吸収効率を高められる栄養素と一緒に取り入れることが便利です。特に便利なのがビタミンCといわれています。ビタミンCを取ることで吸収効率がアップしますので、亜鉛サプリを取るときにはサプリメントでも食品でもビタミンCを一緒に取ることが推奨されているのです。

一般的にミネラルとして名高い亜鉛ですが、あまり大量にとりすぎて健康に不安を感じることもあると懸念されています。これ以上摂ると過剰摂取になるといわれる摂取量が、男性では45ミリグラム、女性では35ミリグラムといわれていますので、摂取するときには気をつけたほうがいいと考えられているのです。摂取量を長期間にわたって過剰に取り入れた際に発症しがちなのが、嘔吐や頭痛、発熱や倦怠感安堵が挙げられています。

また、腎臓や神経に障害が残る可能性があると懸念されているのですが、通常毎日100ミリグラム取り入れることはないので、あまり神経質になる必要はありません。また、50ミリグラム以上を中長期にわたって続けた場合にも、体質によっては症状が出るリスクがあるため、気をつけて飲んでください。

関連記事

亜鉛サプリの副作用

最近では健康志向の高まりによってさまざまな商品が販売されています。健康食品が主なものとなっていますが、その中にサプリメントも含まれています。

これは食事で摂取することができない栄養素を、手軽に体に取り入れることができるので非常に便利となっています。

そのなかで亜鉛が含まれたものもありますが、亜鉛に関しては食品からたくさん摂取したいと考えていても、微量栄養素であることからなかなかたくさんの量を摂取することができません。

続きはこちら

葉酸サプリ

亜鉛サプリは妊婦にも人気のサプリですが、妊婦のサプリといえばやはり葉酸サプリ。食事から十分な量の葉酸の摂取は難しいので葉酸を摂取するならサプリメントがおすすめなのです。

続きはこちら

ノコギリヤシサプリ

薄毛対策ならノコギリヤシサプリがおすすめ。ノコギリヤシは男性ホルモンに効果をもたらすことで知られています。

続きはこちら